TOP > マクロン「すべての選択肢を」
 ← リビア空爆、16人死亡 | TOP | チュニジアでバス転落

マクロン「すべての選択肢を」 

2019年12月02日 ()
News24の記事
フランスのマクロン大統領は「すべての選択肢」を考えに入れるとした。

マリでは2013年から、アルカイダ系過激派の台頭が続く。
フランスはこの事態に対処するため、軍を現地に派遣している。
こうした中、ヘリが墜落して兵13人が死亡する事故が起きた。

このヘリは、対過激派の車輛攻撃のため飛行していた。
しかし日が落ちた暗がりの中、墜落するに至った。
マリでの軍の展開について、国内からも疑問の声が上がっていた。

マリでは過激派の台頭で、治安の悪化が続いている。
とくにブルキナファソニジェール国境や北部で、治安が悪化したままだ。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2019.12.02(Mon) 11:26] 西部アフリカ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← リビア空爆、16人死亡 | TOP | チュニジアでバス転落

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード