TOP > タンザニア、新たな警告
 ← リベリア、電力網計画 | TOP | 大陸初の水素プラント

タンザニア、新たな警告 

2022年09月13日 ()
News24の記事
タンザニアが、同性間の性交渉について、新たな警告を発した。

同国では同性愛はタブーで、性交渉は摘発され、有罪となる対象だ。
政府は、この性交渉をアピールする内容のSNSのメッセージ、動画に警告を発した。
こうしたものも、摘発対象になるとしたものだ。

アフリカでは同国と同様に、同性愛が法に触れる国が少なくない。
ウガンダマラウイなども、きわめて厳しい処分を科す国として知られる。
一方でアンゴラモザンビークなどは近年、処罰対象から同性愛行為を外した。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2022.09.13(Tue) 08:13] 東部アフリカ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← リベリア、電力網計画 | TOP | 大陸初の水素プラント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード