TOP > 脅迫メールを公開
 ← こどもがすでに飢餓に | TOP | ブロガーに2年の刑

脅迫メールを公開 

2022年09月15日 ()
News24の記事
コートジボワール政府は、マリによる「脅迫」を詳らかにした。

7月10日、平和維持活動からの交代のため帰国しようとした兵49人がバマコで拘束された。
このうちの女性3人は解放されたが、46人は依然としてマリ国内で拘束を受けている。
マリの軍政暫定政権から、明らかな「脅迫」の内容のメールが届いたという。

マリ側はこれらの兵の拘束理由を「不当な武器保持」などと説明している。
コートジボワール側は、バマコ側がこれら兵を人質にとっていると批判し、エコワスに対応を求めた。
マリでは2012年から過激派が台頭し、その影響はブルキナファソニジェールに及んでいる。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2022.09.15(Thu) 08:18] 西部アフリカ | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← こどもがすでに飢餓に | TOP | ブロガーに2年の刑

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード